スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の骨肉腫

あの震災から二ヶ月

私の知り合いでも、震災の為、津波で家族を亡くしたり

避難生活をしているとか

農家は生活に困り果てると言った話しを多々聞く中


我が家の愛にも病魔は襲ってました
震災から数日後、我が家の愛みーたん』の歩き方が変!

日に日に悪化してる?



家でマッタリとしてるある日


みーたんの足に触ってみたら、右後ろ足の

人間で言う足首辺りにしこりがあったんです・・・


その時に獣医との電話で

『食欲があるのなら、きっと、捻挫でしょう。骨折なら足をついて歩くことも出来ないし。

多分、二週間もすると良くなりますヨ』

との会話にて、様子を見ていたのですが


悪化の一方



レントゲンを5月9日に撮影した結果。。。

『炎症かもしれませんが・・・まぁ、震災の時の指の骨折

指の骨折だと、以外と我慢したりして、それが治りつつあるのかもしれないです。』


少しホッとしたタカちんですが


次に病院にて泣いてしまった言葉が




『最悪、骨肉腫。いわゆる、骨のガンです。』




足の異常をネットで色々調べても、無いんですよね。。。って。


先生も骨肉腫はあまり無いんですと言ってました




いつも。。。我が愛みーたん』は、病院に行くだけでオシッコを漏らす程

臆病で、家から連れ出されるのがキライな


5月9日のレントゲンの時も、今日の入院の前もしっかり放尿・・・




『ゴメンね。。。寂しくても我慢してね。結石の時の入院以来だね。。。』




そして、5月9日より毎日、獣医さんと電話にて話し合った結果

検査手術を決めたのですが、本日の説明にて


全身麻酔の為の同意書。。。



みーたんも既に老(12歳)なので

全身麻酔はかなりのリスク(全身麻酔は初めてじゃ無いのですが、今は老猫なので)

ソレに耐える事が出来るかの血液検査(腎臓・肝臓など)と

胸部レントゲンの撮影後の検査手術となる事。


麻酔にての命の危険について色々書いてあったのが怖くて

みーたんを連れて帰って来てしまおうとも思ってしまった・・・



そして、先生より、ショッキングな話しで


最悪の場合には(骨肉腫を放置した場合)余命は三ヶ月だとの事。


勿論、この余命の話しは先生も安易に言う事では無いですがと言いつつ

私が聞きだした事です。


(なぜなら、まだ検査もしてなく、骨肉腫と決まった訳でも無い為)



骨肉腫の場合、足の指を一本切断(歩行や見た目は差し支えない程度だそうです)




だた・・・どこまでの転移なのか不明な為、指を落としても


数ヵ月後、数年後に転移が分かり、足切断になった猫も居るそうです。


それでも、その子は元気ですよとの話し。。。




明日の午前中に一度ソレらの検査をし、連絡・結果を聞いたうえで


何事も無ければ午後から検査手術となります。




抜歯は、4~5日後となるそうで、また放尿されるのかと思っても


無事、全てが終わる事を祈りつつ、最悪の骨肉腫では無い事を祈りながら


今夜、チチくんと二人の夜。。。



チチくん?何か変じゃない?????


って、聞いても、反応無いのよねぇ~




タカちんとしてのちょっとイヤな所が


明日は13日で金曜日。まぁ、気にしない気にしない。。。




お迎えは14日の土曜の午前中。



レントゲン等は、病院よりCDにて渡される為、後日になります。






web拍手


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : ペット

tag : みーたん チチくん タカちん 骨肉腫 震災 レントゲン 麻酔 骨折

コメントの投稿

Secret

うちの子は18歳です

はじめまして。

実はうちの子(18歳♀)が、
やはり5月に脚を引きずるので、診察したら、
骨肉腫でした。左前足です。
断脚を薦められたときは、頭真っ白で、
暫く決断できませんでした。
高齢で全身麻酔のリスクを考慮しても、
骨肉腫本来の薬も効かない地獄の傷みが始まる前に、
苦渋の決断でした。
そうでなくとも今現在「痛くないわけは無い」と
ドクターもおっしゃいました。
猫の骨肉腫は殆ど転移しないそうですし。。。
ネット上に猫の骨肉腫の情報が殆どない中で、
出来るだけ早く決断しなくてはなりませんでした。

5/25に手術をしました。
この時点で成功したことが奇跡で喜ばしいことでしたが、
その後の肉の塊のようになった愛猫をみると、
2,3日は大泣きしてしまいましたが、
数少ない情報にもあるように、
物凄い生命力で徐々に回復してくるのです。
現時点では当然ながら前のように動けませんが、
食欲もあり水ものんでくれます。
気長に見守ります。

ところで、トイレなんですけど、
ウチの子は術後しばらくちゃんとトイレでしたんですけど、
今はベッドの上専門になってしまい・・・。

上がったり降りたりは、スロープやクッションを置いてたら、
それを利用して、各部屋を移動したり、
時には階段を上り下りします。
(ドクターによると、上りはいいけど下りは負担がかかるとのこと)

ひょっとしてトイレの入り口の高さが問題なのかな・・・。

前足を断脚すると、トイレは通常の高さだとよくないのでしょうか?
どなたかお教え下さいませ。

No title

愛猫。。。それも18年にもなる子の断脚はとても辛かったのですね

私も検査だけで頭が真っ白になりましたし

検査のみの手術でしたが、我が愛猫は何も食べず、食べてはもどし

トイレもまったく自力では出来ませんでした。

飼い主さまの術後の介抱なども含めると

とても大変だったと思います。

5月の記事は全て、私の愛猫の経過を綴ってます。

そして、2011・06.08の記事に勝手ながらこのレスを記載させて貰ってます

どうか、家族の同じ苦しみを持った方が少しでも情報を交換出来たら・・・

っと、私は願います。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

†タカちん†

Author:†タカちん†
愛猫『チチ』と『みーたん』とタカちん等の話し。。。 


チチくん推定11歳
(オカマ…元は♂1998年4月辺り産れ


みーたん推定9歳
(オカマ…元は♂2000年8月辺り産れ)


★☆★☆★☆★☆★☆★☆旧:【チチくんとみーたん】はコチラから★☆★☆★☆

リヴリー

2005年10月18日産まれ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

.
,
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
FC2チャット
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


web拍手 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。